ページの上部へ

病後児保育

聖マリアこども園トップページ病後児保育

  • 園について
  • 子育て支援
  • 病後児保育
  • 園施設概要

病後児保育

子育てと就労の両立を支援するとともに専門家(医師、看護師、保育者等)による
病気の児童に適した保育看護を提供しています。

病後児保育室とは

子どもが感染症などの病気にかかり、保育園や幼稚園、
小学校に行くことができず、パパ・ママも仕事などのために
休めないときに、子どもに無理をさせることなく
保護者に代わって保育者・看護師が、子どもの状態に合わせた
適切な保育看護を行う場所が病後児保育室です。

*子どもが病気の「回復期」で、集団生活が困難な期間において、
 こども園内に付設された専用スペースで一時的に保育を行います。

*病気の子どもが安心して過ごせる環境を整えるために
 保育者・看護師が配置されています。また、医療機関との連携や
 他の子どもへの感染に配慮された施設となっています。

ご利用できるお子さま

菰野町内在住で、次の1から4のすべてに該当する方とします。
  • 1.原則として、町内に住所を有する満1歳から小学校3年生の子ども。(もしくは町内の保育園、幼稚園、こども園、小学校に通学する児童。)
  • 2.病気回復期または怪我の回復期と判断され、かかりつけ医師が病後児保育を適当と認めた場合。
  • 3.保護者が勤務の都合、傷病、出産、家族の介護、事故等の理由により家庭で育児を行うことが困難である家庭の子ども。
  • 4.病後児保育室の利用登録をした子ども。

利用日時および定員

詳細は登録時に説明させていただきますので、必ず事前登録をお願いいたします。

利用日
月曜日~金曜日
*土日祭日と年末年始(12/29〜1/3)、
 こども園休園日は除きます。
開園時間
8:30~17:30
*場合によりご相談ください。
定員
1日 3人
利用時間
1回の利用につき7日間まで
利用料金
1日1,000円
*昼食・おやつも必要であれば
 300円で提供いたします。
利用登録の手続き
原則として事前登録制となっています。

利用方法

利用するには、「病後児保育室利用申込書」「病後児保育利用登録票」と、
かかりつけ医院で記入してもらう「病後児保育診療情報提供書」が必要です。

必要書類ダウンロード(PDF)
  • 1

    予め登録をします。聖マリアこども園へ直接お問い合わせください。
    *①~⑥までの流れを併せて説明させていただきます。

  • 2

    かかりつけ医院で診断を受け、「病後児保育診療情報提供書」を記入してもらいます。

  • 3

    前日に聖マリアこども園内「病後児保育室」へ電話で申し込みます。

  • 4

    当日、病後児保育室利用申込書と②の書類を提出します。

  • 5

    「病後児保育室」で保育開始です。

  • 6

    お迎えの時に利用料1,000円を現金で支払います。お釣りのないようにご用意ください。
    *お迎えの時間に余裕を持ってお越しください。保育者が園での一日の様子を報告します。


利用当日のもちもの

乳児
  • 01着替え(肌着、Tシャツ、トレーナー、ズボンなど)
  • 02おむつ5枚 おしりふき
  • 03汚れた物を入れる手つきビニール袋
  • 04タオル(お口拭き用1枚、お手ふき用1枚)
  • 05コップまたはマグ・スプーン・フォーク
  • 06食事用エプロン2枚
  • 07お布団一式(園ので良ければお貸しします)
  • 08お気に入りのおもちゃ
幼児・児童
  • 01着替え(パンツ、肌着、Tシャツ、トレーナー、ズボンなど)
  • 02汚れた物を入れる手つきビニール袋
  • 03お手ふき用タオル
  • 04コップ お箸セット
  • 05お布団一式(園ので良ければお貸しします)
  • 06お気に入りのおもちゃ、DVD、本など

*小学生の方は病状により宿題、ゲームなどを
お持たせいただいても構いません。

  • 上記のものをかばんに入れてお持ちください。(記名ください)
  • お薬につきましては飲み方、量などを詳しくお知らせください。
  • 昼食は在園児と同じ献立で給食(実費300円)、またはアレルギーや苦手なものがある方はお弁当をご持参下さい。
  • 水分補給の必要な方は、イオン飲料などお持ちいただいても構いません。

Copyright(C) 社会福祉法人鈴鹿聖十字会. All Rights Reserved.